いらっしゃいませ!

「ピカリ産直市場お冨さん」では、新潟の農家さんこだわりの農産物を販売しています。
農家さんとお客様をつなぐ「農と食の架け橋」となるべくスタッフ一同、日々奮闘しております。

Point 1
当店スタッフが畑(現場)まで行き
納得いく厳選された野菜達だけが店頭に並びます
Point 2
県内契約
農家さん
200名!
Point 3
農家さんと直契約だから野菜への
ストレスが少なく
発送がスムーズ!
 
 
 
 
 
 
 
 

営業日カレンダー

2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
土・日発送休業日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
土・日・年始発送休業日
 

HOME > 新潟県産お米 > 令和元年産 新潟産コシヒカリ5Kg

令和元年産 新潟産コシヒカリ5Kg 令和元年産 新潟産コシヒカリ5Kg 令和元年産 新潟産コシヒカリ5Kg
令和元年産 新潟産コシヒカリ5Kg 令和元年産 新潟産コシヒカリ5Kg 令和元年産 新潟産コシヒカリ5Kg

令和元年産 新潟産コシヒカリ5Kg

農家さんの「うまい米こそが農家を救う」という信念から誕生したコシヒカリ。その陰には農業技術者と農民たちのおよそ半世紀にわたる栽培技術の研究がありました。

 

  • 価格: 円(税込)
  • 数量
  • 精米/玄米

通常価格表

5kg 10kg
玄米 2,530 円 5,000 円
精米 2,580 円 5,100 円

半世紀に渡る 栽培研究の結晶

「木枯らしが吹けば色なき越の国 せめて光れや稲 越光 コシヒカリ」

開発担当者の国武正彦氏が稲品種命名。

昭和31年に福井県の農業試験場にて初めて育成され、その後、新潟県南魚沼群塩沢町中子(現南魚沼市中子)で、本格的に栽培されるようになり、味の良さから、全国的に生産されるようになりました。戦後、日本は深刻な食糧不足にあえいでいました。政府は、農家と全国の農業試験場に米の増産を命じました。そんな折、新潟県農業試験場に農業技術者として名を轟かせた杉谷文之さんが赴任してきました。

厳しい寒さと水はけの悪い土地。なかでも山あいの魚沼地方ではは農民自身が食べる米を確保することすら困難でした。杉谷さんは、痩せた土地でこそよく育つ、しかもおいしい米の開発乗り出しました。全国の100種類を超す品種の中から、杉谷さんが目を留めたのは、のちにコシヒカリとなる「越南l7号」。技術者と地元農家が協力して、試験場だけでなく実際の田んぼでも栽培実験を行う異例のプロジェクトがスタートしたのです。

味はいいものの、手間ひまがかかり収穫量も少ないコシヒカリの評判はよくありませんでしたが、国分正彦氏の「栽培法でカバーできる欠点は致命的な欠陥にあらず」という信念から、逆風にあってもプロジェクトはやがて訪れるであろう「量ではない質の時代」を見据え、栽培法の実験を行い続けました。農家の皆さんの「うまい米こそが農家を救う」という信念から誕生したコシヒカリ。その陰には農業技術者と農民たちのおよそ半世紀にわたる栽培技術の研究があったのです。

お冨さんのお米はココが違う!

産地・品種のブレンドは一切なし

お冨さんでは毎年米農家さんから新米を入荷し検査を受けた後、お客様の注文をいただき、精米するまでは玄米袋を開封しておりません。したがって、異なる産地のお米を混ぜたり、前年度残った古米と新米を混合することも一切ございません。

自社低温倉庫で温湿度管理を徹底

常温保存だと玄米は呼吸により美味しさの源であるデンプンを消費し、食味が落ちてしまいます。お冨さんでは自社の低温倉庫で玄米を保存しております。徹底した温度・湿度管理と、保管場所の頻繁な移動を避ける事でお米の呼吸を抑え、食味を長期間維持できます。

私たちが作りました!

生産者紹介